【軽登山講座007】「晴天率」というプレゼント

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座007】「晴天率」というプレゼント ▲青い空、白い雪、雪をまぶした黒い森――1994.2.3 …

続きを読むread more

【軽登山講座006】登山を4次元で考える

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座006】登山を4次元で考える ▲おだやかな雪原で――1999.1.24安達太良山にて スノーハ…

続きを読むread more

【軽登山講座005】登山靴を買う前に

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座005】登山靴を買う前に ●山歩き用の靴とは何か  いま、軽登山靴であれ、トレッキングブーツであれ…

続きを読むread more

【軽登山講座004】机上登山のすすめ

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座004】机上登山のすすめ ●山好きの3タイプ  山を歩いていないとき、そのひとが山とどのようにかか…

続きを読むread more

【軽登山講座003】最初に用意する装備

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座003】最初に用意する装備  私は大学では山岳部ではなく、探検部というところに所属したのだが、新入部…

続きを読むread more

【軽登山講座002】肉体能力を再評価するポイント

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座002】肉体能力を再評価するポイント  人生50年といえば半世紀だが、その長年月、立派に「人間」をや…

続きを読むread more

【軽登山講座001】「単独行」のリスクとメリット

軽登山講座────伊藤幸司(糸の会・登山コーチングシステム) *この講座はBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです。 【軽登山講座001】「単独行」のリスクとメリット ●自己完結的だから単独行か  入門編の最初になぜ「単独行」か…

続きを読むread more

5月10日の山■両神山2001

■2001年5月10日(木)日向和田の民宿両神山荘を出た私たちは、両神山の八丁尾根を縦走して八丁トンネルに下りました。 ▲山頂稜線をたどると、お目当てのアカヤシオが満開でした。ひと口にピンクと言っても、アカヤシオのこのピンクの濃淡が、ホンワカとした春の印象をつくっているのだと思います。 ▲春の先駆けとなる花木には黄色…

続きを読むread more

6月1日の山■屋久島2005

■2005年6月1日(水)前日に東京を出た私たちは、屋久島の白谷雲水峡から縄文杉を経て、新高塚小屋まで歩きました。 ▲白谷川を源流まで遡ると「もののけ姫の森」と呼ばれる苔むした樹林になります。あの映画の背景イメージのひとつだといわれると、みずみずしい苔の緑が浮き立っているように思えてきます。 ▲itokoji 200…

続きを読むread more

5月23日の山■尾瀬1999

■1999年5月23日(日)私たちは宿泊した尾瀬・渋沢温泉小屋を出て、三条ノ滝に立ち寄り、尾瀬ヶ原を縦断して東京に帰りました。 ▲春が来て雪が解けて、ミズバショウが咲き誇る、というのがこの時期の尾瀬の魅力だと思います。樹林帯にはまだ雪が残っているので、春の進みぐあいは場所によってずいぶんとちがいます。 ▲ミズバショウ…

続きを読むread more

5月17日の山■天城山1997

■1997年5月17日(土)私たちは日帰りで天城山のシャクナゲを見に出かけました。 ▲天城山は日本有数のシャクナゲの山です。ですがシャクナゲは豊作と大豊作の年があり、一方、大不作の年もあります。毎年花芽がつくわけではないからです。しかも時期がその年によって変化します。行ってみなければわからないというのも事実です。 ▲…

続きを読むread more

4月18日の山■穂高上空1991

●テレビ朝日の夜の番組・ニュースステーションで夏に「北アルプス大縦走」という企画が進行していました。早大山岳部OBのディレクター・大谷映芳さんのサポート要員となっていくつかの仕事をしましたが、これは穂高の山小屋の小屋開け作業の取材。 ●取材陣は荷揚げのヘリに無料便乗させてもらうのですが、ついでにちょっと時間をもらってヘリで北アルプス上…

続きを読むread more